Kids プログラミング・アドバンス・スクール

学習コース・学習期間

Scratchについて

scratch 子どもたちが、アイデアを形にする力・創造力と、物事を順序立てて考える力・問題解決能力・論理的思考力を、“楽しみながら”身に付けることができる教育用プログラミング言語「Scratch 」(スクラッチ)を使って学習を行います。

Scratchとは…

マサチューセッツ工科大学で開発されたプログラミング言語。世界中で1,100万人以上のユーザがおり、小中学生向けプログラミング教育ツールのスタンダードとなっています。

mBot (ロボット・プログラミン)について

国内だけでなく世界中で採用されているSTEM教育用ロボットです。
プログラミング言語Makeblockを使用しmBotをコントロールします。
ロボットの組立(仕組みの理解)、光センサー、超音波センサー、ライントレースセンサーなどを活用、いろいろな形でロボットを操作することでSTEMを実感、学習します

STEM教育とは

STEMは「Science, Technology, Engineering and Mathematics」から取られた頭文字、科学・技術・工学・数学の科目を関連付けて学ぶ教育のこと。発想力や創造力、問題解決力などが身に付くと言われ注目されています。

Makeblockとは

Scratchをベースにロボットをコントロールするプログラムブロックを追加したプログラミング言語
(プログラミングの方法はscratchと同様)

ジュニア・プログラミング検定について

プログラミングを学ぶ子ども達を対象とした資格試験です。
Scratchを活用したプログラミングスキルを測定し、その能力を証明・認定します。
子どもたちのプログラミング教育の指標となる到達目標を定め、段階的なプログラミングスキルの習得を支援するための試験です。

「ブロックの動きや特徴を活用できるか、自分のアイデアを表現できるか?」を評価します。

1級~4級ごとに定められたブロックの動き、特徴を理解しているか評価します。また、自分の表現したい内容を、プログラミングを通して形にし、それを文章で説明できるかも評価します。

当教室はジュニア・プログラミング検定の試験会場認定教室です。

生徒の学習状況に合わせて適宜に検定試験を行うことができます。

学習コース

はじめてのプログラミング

Scratch プログラミング

はじめてプログラミングを学ぶコースです。Scratchの基的な知識や操作を習得し
HopStepJumpと難易度を上げたプログラミング(ゲーム作り)を学習します。

  • 月2回 通学コース(1年間で終了)
  • 対象:小学校2年生~6年生
  • ジュニア・プログラミング検定 エントリー(4級) or ブロンズ(3級)取得を目標とします。
ロボット・プログラミング

パソコンの画面だけでなくロボットの組立、ロボットに命令を送り動作させたり、ロボットのセンサーによりロボットをコントロールする「ロボット・プログラミング」にも注目が集まっています。
当教室ではscratchプログラミングとロボット・プログラミングを合わせて学習しSTEM教育を推進しています。(mBotは教室保有の機材を使用します。)

パソコン操作の基本

プログラミングと合わせてパソコン操作の基本を学習します。

  • マウス操作・・・クリック、ドラック&ドロップ・スクロール等
  • キータッチ・・・アルファベット・ローマ字・ひらがな、漢字変換入力等
  • パソコン操作・・・PCの起動・終了、ファイルの呼出し・保存、エクスプロ-ラの使用
  • 文書作成・・・簡単な文書作成(Word)
  • インターネット検索等

プログラミング・ドリル 

「はじめてのプログラミング」で習得した機能を使って、さらに高度な作品を作ります。

習得した知識の定着や応用パターンを増やすことで、理解を深めます。

  • 月2回 通学コース(1年間で終了)
  • 対象:小学校4年生~6年生
  • ジュニア・プログラミング検定 シルバー(2級)取得を目標とします

プログラミング・ドリル ( 応用 )

「はじめてのプログラミング&ドリル」で習得した能力を使って、自分で考えた作品つくりにチャレンジします。

自分自身のアイデアをプログラミングし、創造力、応用力、プレゼン力を高めます。

  • 月2回 通学コース(1年間で終了)
  • 対象:小学校4年生~6年生
  • ジュニア・プログラミング検定 ゴールド(1級)取得を目標とします。

▲TOP